HIU ZEROCKETS.EXE主催1 DAY CUPを開催しました!

2020年8月16日(日)、東京都内*で
HIU ZEROCKETS.EXE主催の1 DAY CUPを開催いたしました。

※会場の都合により、開催場所の詳細は非公開とさせていただきます。


参加チーム

BEEFMAN.EXE
BELE.EXE
HIU ZEROCKETS.EXE
KAMAKURA RIZE.EXE
KOTO PHOENIX.EXE
TOKYO VERDI.EXE


はじめまして。
ヤマモンと言います。HIU ZEROCKETS.EXEの運営メンバーでバスケ経験者でもあるので、これから3X3の魅力やHIU ZEROCKETS.EXEの大会レポートなどをバスケ経験者の目線から記事を書かせていただきます。

真面目な性格ゆえ、比較的硬めの文章になります。
お付き合いください。

ーーー試合ーーー

リーグA
BELE.EXE
HIU ZEROCKETS.EXE
KAMAKURA RIZE.EXE
リーグB
BEEFMAN.EXE
KOTO PHOENIX.EXE
TOKYO VERDI.EXE


本大会は3×3.EXE PREMIER リーグルールに則って行われました。
JBA/PBAのガイドラインに従い、新型コロナウイルス対策を行いながら開催いたしました。


コロナ渦での開催のため、体育館の収容人数制限や、観客席のソーシャルディスタンスの確保など多くの制限があり、「盛り上がり」を生み出しにくい状況だったが、逆に選手たちの声・ドリブルの音・素早い切り返しで響くバッシュの音がよりはっきりと聞こえ、臨場感に溢れていた。

ーーリーグAーー
第一回戦 BELE.EXE vs HIU ZEROCKETS.EXE 18-14
第二回戦 KAMAKURA RIZE.EXE vs BELE.EXE 21-12
第三回戦 HIU ZEROCKETS.EXE VS KAMAKURA RIZE.EXE 10-12

キレのいいクロスオーバー

我らがHIU ZEROCKETS.EXEはリーグ戦で残念ながら敗退となったが、どの試合も非常に見応えのある試合だった。
オフェンス・ディフェンスともに激しいプレイの中、特に印象に残っているのは、HIU ZEROCKETS.EXEママドゥ選手の1on1スキルだ。

ドリブルしながら右から左に切り返す「クロスオーバー」のキレに驚かされる。
ディフェンスの様子を見ながら、ゆっくりとドリブルをつきながら、右からドリブルで抜こうと右足素早く重心を乗せる。それにつられてディフェンスが動いた瞬間、重心を乗せた右足を強く蹴り、左に切り返してディフェンスを抜き去る。

切り返した時になる「キュッ」というバッシュの音が耳に届いている時には、すでに相手を抜いているかのようなキレの良さだ。

3X3では人数が少ない分通常のバスケよりも1on1での勝負が重要になる。ママドゥ選手のクロスオーバーはチームの武器の一つになるに違いない。

ーーリーグBーー
第一回戦 TOKYO VERDI.EXEvsKOTO PHOENIX.EXE 17-21
第二回戦 KOTO PHOENIX.EXEvsBEEFMAN.EXE 21-17
第三回戦 BEEFMAN.EXEvsTOKYO VERDY.EXE 12-21

チーム連携

リーグBでは今大会で最も長身の外国人選手を要するBEEFMAN.EXEが試合を盛り上げる。

長身の選手とアウトサイドが得意なスピードある選手の連携は、バスケットの醍醐味を十分に感じる事ができた。

BEEFMAN.EXEはリーグ戦で敗退となったが、勢いに乗ると破壊力があるチームであることを随所のプレイで見る事ができた。

ーー決勝戦ーー
KAMAKURA RIZE.EXE vs KOTO PHENIX.EXE 12-21

スピード感溢れた決勝戦

見事優勝したKOTO PHOENIX.EXEは、今大会でおそらく最も平均身長が低いチームだったが、決勝戦を21点のノックアウトで勝利を収めている。

その要因は二つあると睨んでいる。
「素早い攻守の切り替え」と「攻撃的な守備」だ。

3×3は攻守が目まぐるしく入れ替わる。それが3X3の最大の魅力であり、かつ勝負の決め手にもなっている。

相手に点を決められる、もしくはディフェンスリバウンドを取り、アーク(通常の3Pライン)の外までボールを運び、そこからオフェンスがスタートする。
そのため、アークの外に出てからオフェンスを組み立てるのが通常の流れだが、KOTO PHOENIX.EXEは、点を決められる、ディフェンスリバウンドを取った瞬間から、オフェンスの動きがスタートしていた。

点を決められるということは、ディフェンスの時は不利なポジションであったということだが、オフェンスに切り替わった瞬間に逆に有利なポジションになるという、3×3特有の魅力が存分に伝わるほど攻守の切り替えが見事だった。

優勝チーム
ーKOTO PHENIX.EXEー